水素水はアトピーに聞くって本当?

 

水素水は肌によいと言われていますが、アトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。

 

 

ただの肌荒れとは違うアトピー性皮膚炎にも効果があるのか知らべてみました。

 

アトピー性皮膚炎とはどんな症状が起こるの?

 

アトピー性皮膚炎とは良くなったり悪くなったりと状態の安定しない皮膚炎で湿疹を繰り返したり、かゆみがぶり返したりする症状が起こります。
もともとアレルギーの体質を持っている人や、皮膚の弱い人に起こりやすい疾患で子どもから大人まで幅広い年代の人がかかっている病気です。

 

湿疹の特徴

 

赤みがある

 

ジュクジュクする

 

皮がむける

 

長引くと皮膚が固くなる

 

という状態になります。

 

湿疹が出やすい部位としては、目のまわり・口周り・おでこ・手足の関節などに出やすいです。

 

 

原因としては、体質と皮膚が弱いということにありますが日常に生活している中でも原因があります。

 

ダニやハウスダスト、紫外線、あとは石鹸や化粧品などに含まれる化学物質が悪化する原因ということも多いんです。
なのでアトピー性皮膚炎の人は日常使うものにも気を使ったり、掃除をマメにしたりといろいろと大変なことも多いんです。

 

 

水素水でこのアトピー性皮膚炎の症状が軽くなるといいですよね。
実際に水素水はアトピー性皮膚炎を軽くする効果があるのでしょうか?

 

水素水はアトピー性皮膚炎の症状を軽くする!?

 

水素水はいろいろな症状に効果があると言われていてアトピー性皮膚炎もその一つです。

 

 

 

 

結果からいうと『アトピー性皮膚炎の症状を軽くする効果が期待できる』ということです。


 

なぜ水素水はアトピー性皮膚炎にいいの?

 

アトピーは免疫機能の過剰反応でかゆみや湿疹が起こってしまうもので、かゆみや湿疹の炎症が起こってしまうと活性酸素が体内にたくさん発生してしまいます。
活性酸素の量がたくさんのため攻撃しなくてもよい細胞に攻撃をしてしまい、さらに炎症が悪化します。

 

 

過剰に発生した活性酸素・炎症を沈めるために水素水が活躍するんです。

 

水素水は活性酸素を除去するというので良く知られています。
体内の不要な活性酸素を除去し、体内をクリアにします。

 

 

そして水素水の効果として挙げられるのが抗炎症作用と抗アレルギー作用です。
アトピー性皮膚炎にとってツライ炎症のを抑える作用があるので水素水を飲むことでアトピー性皮膚炎の炎症を抑える効果があるのではないでしょうか。

 

 

水素は分子が小さいので体の隅々まで浸透します。
だから辛いかゆみや湿疹も緩和することができます。

 

特に副作用などもないので、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は一度水素水を飲んでみるのをオススメします。